スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「みやこ災害FM・みやこたろう災害FMからラジオ放送【停波】のお知らせです」


あす、5月25日(金)放送機材メンテナンスの為、
放送終了後の夕方4時頃からラジオ放送を一旦お休みいたします。

ラジオ放送の停波時刻は
みやこたろう災害FMでは夕方の4時ごろから
みやこ災害FMでは夕方の5時ごろからラジオ放送が各10分位、停止します。

尚、5月25日(金)の再放送は休止となりますのでご了承ください。

ラジオメンテナンス終了後は今まで通り放送を聴くことができますが、この日は今まで沢山の方々から頂きました「復興応援ソング」の数々をお送りいたしますのでお楽しみください。

ラジオをお聴きの皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い致します。

      みやこ災害FM・みやこたろう災害FM
                             スタッフ一同

スポンサーサイト

千葉から田老へ!復興のじゃがいもプロジェクト

5月13日(日)
午前9時、田老の摂待地区の一角が耕されていました

P1080880.jpg

なぜかというと・・・
千葉から皆さんが車で持ってきてくださった「復興のじゃがいも」の種イモを植えるためです!

なぜ、千葉から種イモ?というと・・・
千葉県にあるBayfmの「BAYLINE Go!Go!」のDJでありながら、農業をなさっている島村幸男さんとスタッフの皆さんの「農業をとおしてつながっていこう!」という考えのもと、JAきみつの皆さんも一緒になさっている「復興のじゃがいもプロジェクト」の一環だからです。

昨年11月にはグリーンピア三陸みやこでBayfmのリスナーの皆さんとJAきみつの皆さん、そして、島村さんたちが「復興のじゃがいも」として育てたじゃがいもを他の野菜とともに皆さんにお配りしました。

今回はこの復興のじゃがいもを摂待で育てて、摂待の皆さんが販売し、その収益を地域の皆さんに役立てていただきたいという形でプロジェクトが進化し、今回の種イモ植えとなったのです!

私も種イモ植えに参加してきました!

P1080887.jpg

でっかいりっぱな種イモは、芽を傷つけないように半分にして植えます。
この種イモは千葉県から10時間以上もかけて車で皆さんが持ってきていただいたものです。

摂待の皆さんにご指導いただきながら、10センチくらい穴を掘り、種イモを植えていきます。

P1080889.jpg


この地域は写真でご覧いただけば分かりますが、津波の被害に遭い、現在は雑草が生えている状態です。
震災以前は田んぼだったそうです。
昨年の土の塩分は6くらいで高めだったそうですが、現在は1~0.7とのこと。
ずいぶん塩分も外に出て行ったようですが、穴を掘っていると、田んぼだった肥沃なはずの土はジャリジャリと海の砂が混じっていました。
川の石やら細かい砂利も出てきていたのでよけながらの作業。
まだ土は元には戻ってはいません。

摂待の皆さんと、JAきみつの皆さん、そしてBayfmの島村さんと佐々木さんは、賑やかにお話しながら作業を進めていきます。
千葉と摂待のイモの植え方の違いなんかもあったようです。
久々にみんなで作業するということで、摂待の皆さんは活き活きと、そして軽やかに作業を進めます。


そして、舘崎さんのお手製ドーナツで「こびりタイム」
みんなで一息です。

P1080890.jpg

一息の時間は千葉の皆さん津波の時のことを摂待の皆さんがお話している時間でもありました。

P1080891.jpg

この摂待地区は仮設団地が7世帯の地区です。
この地区の方々がお住まいですが、大規模なグリーンピア三陸みやことは違い大変小規模なため、
よそから来た方々も少なく、あの時の話をすることがあまりなかったとのこと。
話すことで消化をしていく。そんなことを聞いたことがあります。
話を聞いてもらいたかったんだ。という言葉が印象的でした。

千葉の皆さんはお昼頃、作業を終えて、車でお帰りになりました。
見えなくなるまで手を振っていた皆さん。
じゃがいもが実ったらまた来てくれるよね。
そんな思いで見送っていらっしゃいました

P1080901.jpg

千葉の皆さん!遠いけどまたいらっしゃるのを待ってまーす!!
そして、私はじゃがいもの育つ様子、たびたびお伝えします!

キムラ

宮古のうんめーもん、どうやって食べっぺ?「菜花とあえちゃった」

宮古のうんめーもん、どうやって食べっぺ?

本日ご紹介しますのは、旬の「菜花」を使った和え物です。

とてもおいしく簡単にできますので、どうぞ皆さんお試しください!

今回このお料理を紹介して下さるのは山田町の荒川にいらっしゃる
岩手県宮古地域食の匠の会、食の匠でいらっしゃる佐藤ミノリさんです
菜花を道の駅やまだなどで販売もしているミノリさん。
産直は新鮮でお安い!そして生産者の名前もあって安心して買えるのがいいところですよね

では早速、佐藤ミノリさんから教わった菜花の和え物
その名も!「菜花とあえちゃった」をご紹介しましょう


ネーミングはかわいらしくとミノリさんが名づけてくださいました

=材料(5人分)=
※多いように思いますがペロッと2人でも食べてしまいます。

・菜花     200g
・大根      30g
・カニカマボコ  30g
・昆布つゆ(3倍に薄めるものを薄めずに使用) 大さじ  1杯
・白ごま     少々

=作り方=

菜花は荒井、2分ほど熱湯にくぐらす。
くぐらせたら水気を切り、2センチくらいの長さにする

大根は千切りにして、2センチくらいの長さに切り、ほんの少しの塩をまぶす(ほんとに少しの塩です!)

カニカマボコも裂いて2センチくらいの長さにそろえる

菜花、大根(水気を切って)、カニカマボコを昆布つゆで和える

P1080781.jpg


最後に白ごまを少々

P1080787.jpg
あっというまにできちゃった!!

※栄養価が菜花は高いそうです!カルシウム分が高いとのこと!
ぜひ、旬の味を簡単な和え物でうんまぐ食べてみてください

キムラ
プロフィール

MCBSstaff

Author:MCBSstaff
みやこ災害エフエム・みやこたろう災害エフエムを運営しています、みやこコミュニティ放送研究会スタッフです。周波数77.4MHzで行政情報や地域情報など毎日お伝えしています。
お問い合せや情報提供はこちら
TEL:
0193-77-3399
E-mail:
miyakofm774@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。