スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ココロ寄席」開催されました!

11月27日(日)
なんとっ
落語家の方がスタジオにお越しなりましたよ!

泉水亭 錦魚(きんすいてい きんぎょ)さん
立川 談奈(たてかわ だんな)さん
お二人いらっしゃいました

錦魚さんと談奈さんが出演いただきまして、楽しいひととき私たちも過ごせました!
宮古の皆さんには、錦魚さんから「宮古ラーメン」と「さっぽ○○○番 味噌ラーメン」のラーメンをすする音の違いを「ずずず~っ」として頂きましたが、お聞きになりましたか?
違いわかりました?
・・・・私は・・・・・
強いて言えば、宮古ラーメンの方が縮れて平たい麺のためか、ビブラートが効いていたというか、麺の振動を感じましたね

12.jpg



~~~ところで~~~
なぜお二人がこの宮古市にお越しなったのかというと
「ココロ寄席」を開催するためです

「ココロ寄席」?
「ココロ寄席」とは皆さんに笑いのひと時をお届けする、そして笑いを通して心と心が近づく・・・
そんな取組です
名前通り、「心を寄せる」って感じですよね

この寄席は宮古市でもう数回行われていますのでお越しになった方も多いのでは?
重茂で夏に開催しましたし、11月26日は赤前で、
27日は午前中に高浜で、午後は鍬ケ崎小学校のお隣の仮設住宅談話室で行われました

私は鍬ケ崎で行われた「ココロ寄席」に行ってまいりましたが、初めて観る寄席、どんなものかわからなかったのですが、
一言、すっごく楽しかったです!!!!

開催された談話室でも笑いの渦
思わず、落語のお話の世界に入り込んで、セリフも一緒になって話している方も
「ココロ寄席」。「心と心」近づいて、談話室の中の皆さんが一緒に笑って一緒に見入って・・・・
談奈さんと錦魚さんの世界にどっぷり浸かって、楽しいひとときを過ごしました。

P1070889.jpg


帰りは談奈さんと錦魚さんのお二人は皆さんからの握手の嵐

P1070890.jpg

写真は立川談奈さん

P1070893.jpg

写真は泉水亭錦魚さん(そばをすすってます)

お二人、「また来たい!!」とおっしゃっていました
談奈さん、錦魚さん、また来てくださいね~~

写真は左側が泉水亭錦魚さん、右側が立川談奈さんです(真ん中のでかい顔はキムラ)

P1070894.jpg


「ココロ寄席」また宮古市で開催されると思います。
その時には放送でもお伝えしますね。

また、この鍬ケ崎の「ココロ寄席」の模様は、年末スペシャル(組む予定)
でも放送しますのでお楽しみに

キムラ
スポンサーサイト

岩手県立大学宮古短期大学部の「Donabenet」(どなべねっと)

今日は実田公園の団地に行ってまいりました。

なぜかって、それは宮古短期大学部の皆さんが

「Donabenet」(どなべねっと)をすると聞いたからです

「Donabenet」(どなべねっと)って?

リーダーの川戸道さんに伺うと、もともとは県立大学でボランティア活動として始まり、さまざまなところで
学生さんたちが鍋をつくって皆さんに楽しんでもらい、人と人のつながりや輪を広げていく取組だそうです。

この活動を沿岸部にも広めていくべく、宮古短期大学部でもやろうと震災前一度老人介護施設で
「Donabenet」(どなべねっと)を開催したそうですが、震災のためずっと活動もできず、
「なにか私たちもしなければ!!」
という熱い想いをそれぞれ持たれていたとのこと。

日ごろから仮設団地の談話室でサロンのボランティア活動などをなさってきた皆さん、
やっぱりここで
「Donabenet」(どなべねっと)をやらなくちゃ
と今回震災後初の活動となりました

学生の皆さん自身、ご実家が陸前高田や大船渡などで被災されている方も少なくありません。
それでもこうして熱い想いを活動につなげていくことは頭の下がる思いです。

準備をされているところに伺うと、さつまいもを洗っている皆さん
とっても大きい立派なさつまいも。
「どこのさつまいもですか?」と伺うと、
「静岡大学からお送りいただいたものです」
とのこと。
このさつまいもを使ったクリームシチューが今回の鍋の中身とのこと。

また、男子学生の皆さんは、さつま芋を皆さんにお配りしていました。

P1070858.jpg


私も一ついただきました。
デッカイ

2011112716060000.jpg


女子学生さんたちは、シチューの具を切ったり大忙し。
日ごろは全然料理しませんといいつつ、がんばっていました

P1070865.jpg


P1070864.jpg


皆さんが召し上がっている様子を写真に撮れなかったのですが、
談話室ではとってもあったかくて、「おいし~こど~」という皆さんの声がたくさん聞こえてきました。

また、ご自宅にお持ち帰りになると、お皿を持っていらっしゃった方も

リーダーの川戸道さんは
「鍋という食を通して、話をするとまた一段と話も弾み、一つの鍋を囲むと輪が広がるんだなと皆さんが楽しそうにシチューを召し上がっている様子を見て実感しました。
今日はブロッコリーが煮えにくかったり、シチューのルーが足りなくなったりハプニングもあったけど、
この経験を踏まえて2回目もがんばります!
これからもこの活動を続けていきたいです!」と笑顔を見せていました

12月4日には磯鶏の団地の談話室で第二回目の
「Donabenet」(どなべねっと)開催されます!!

鍋を通して、みんなの笑顔の輪を広げていきましょう!
ぜひ皆さんお越しください

キムラ

「宮古のうんめーもん、どうやって食べっぺ?」大根料理って無限ですね

今日は第3回の「宮古のうんめーもん、どうやって食べっぺ?」の放送でした

今回は、引き続き「宮古地域食の匠の会」会長でいらっしゃる邊見むつ子さんから大根の「豚肉と大根の煮物」
とふろふき大根の作り方を教わりまして実践いたしました

「豚肉と大根の煮物」は米のとぎ汁で下ゆでした大根を、うす~い麺つゆで味付けした汁で豚肉とともにことこと煮るものです。
豚肉は酒をまぶして臭みをとるひと手間は忘れずに
鍋と、麺つゆと豚肉があればできますね
薄味の方が、火を止めた時にぎゅぎゅ~っと味がしみ込むのでちょうどいいです
ちょっとだけしか麺つゆ入れなかったのにこんなにいい色に

2011103117260000.jpg

これ、完成した「豚肉と大根の煮物」です

そして、ふろふき大根も作りましたよ(小金渕さんが)

米のとぎ汁で下ゆでした大根をダシの素を入れてことことと煮ます!
大根にへそのように真ん中に入れたバッテンの包丁の切れ目からしっかりとダシの味がしみ込み、
冬のメニューにぴったりの逸品に!
大根の上には、甘辛いお味噌をそえて・・・・
お味噌は味噌と砂糖とみりんと酒をふつふつとなるまで火を入れてくださいね

2011103117120001.jpg

これ、完成した「ふろふき大根」

どうぞ皆さんお試しください

寒くなってまいりました!
今日は「いい(11)風呂(26)の日」あったかいお風呂に入って、
あったかい大根料理でぽっかぽかにお過ごしください

キムラ

第三弾 番組のお知らせ☆

またもや・・・

番組のお知らせです!!!

噂のシリーズ、その名も・・・・・


宮古のうんめーもん、どうやって食べっぺ」!!!
(「宮古のおいしいものを、どのように頂こうかしらん」?


こちらは、「おひとりでお暮しの高齢の方々が簡単なものでお食事を済ませている」・・・というお話を、取材を通して感じていたことからはじまったコーナーです。




宮古はのある食材に恵まれた街です



その、宮古の食材ムダなく!おいしく!そして簡単に!!調理する方法を宮古地域の「食の匠の会」の皆さんにお教えいただくシリーズとなっています。



宮古のうんめーもん、どうやってたべっぺ」!!!


みなさん、第1回目2回目の放送はお聞きいただけましたでしょうか????



前回前々回に引き続き、今回も大根料理のレシピをお伝えします。

ソシテ、実際にワタシタチも料理に挑戦しています!!




放送日時は・・・・


今週末!

26日土曜日!!



午後3時!!!



みなさん、是非お聞きください!!



※このお知らせの文面は「第2弾~」とソックrちょっぴり似ていますが、決して手抜きではアリマセンッ!!! ダイコンの、名にかけてっ!??


(つづく・・・)

皆様のお声を頂きにうかがってます!

今日は晴れてましたがずいぶん冷え込む一日でしたね。

ちょっとだけ雪が舞ってましたよ

本日は、いつも番組の終了前にお送りしております
「今日はいかがお過ごしでしたか?」のコーナーのため、
皆様のお声を録りに宮古まちを周っておりました

魚市場に行きましたら、漁師さんがちょうどイカを船からおろすところ

お忙しそうでしたが、どうも気になりましたので、
「いかがお過ごしでしたか?」とちょっとお声かけしましたら、録音するのは
「恥ずかしい」とのこと。

でも、写真はOKでした

水揚げ漁師さん1

とっても若い漁師さんでした。
おいしそうなイカですね!

魚市場には、たくさん釣りをなさっている方がいらしゃいました。
漁師さんもヒラメ漁に行くためのエサを釣ってましたよ。

こちらの漁師さんにはお声を頂戴することできました

これからも街で皆様にお声かけすることもあると思いますが、
どうぞお気軽にお話くだされば幸いです。
よろしくお願い致しますm(_ _)m

キムラ



プロフィール

MCBSstaff

Author:MCBSstaff
みやこ災害エフエム・みやこたろう災害エフエムを運営しています、みやこコミュニティ放送研究会スタッフです。周波数77.4MHzで行政情報や地域情報など毎日お伝えしています。
お問い合せや情報提供はこちら
TEL:
0193-77-3399
E-mail:
miyakofm774@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。